2010年02月01日

脳ドックのご案内

当院では脳ドックを受け付けております。

どなたにもお気軽に受けていただきたく、検査から診断・説明までをその日のうちに行い、短時間で料金もかなり抑えさせていただきました。

症状が無いけれども、頭の病気、例えば脳腫瘍、脳動脈硬化症、脳動脈瘤、脳卒中、くも膜下出血などが心配な方は脳ドックをおすすめします。

すぐには症状に表れない、しかしひとたびそれが発症すると一刻を争う事態に急変してしまう脳卒中は、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)を持っている事により危険度が格段に高まります。
普段は頭痛など感じない方でも、脳の異常を検査して、脳卒中発症リスクをある程度確認しておくことは、これからの生活をしていく上でとても重要なことです。

また、小さなかくれ脳梗塞は年齢を重ねていく上で避けられないものです。
しかしその数、大きさを確認し、今後の生活で出来にくくしていくことは可能です。
脳動脈瘤は何の症状もないまま成長していき、破裂してくも膜下出血を起こす危険性をはらんでいます。
小さいうちに発見し、大きく成長させないこと、定期的に検査することが大切です。

どなたにも最新の検査を受けていただきたいと思っております。

ー当院の特徴ー

MRI検査
MRIは1.5T(テスラ)のなかでもごく限られた高性能MRIで、いくつもの撮影方法を精細な画像で、従来よりも短時間で撮影出来ます。
撮影には造影剤を使わず、もちろん放射線被曝はありません。
また、T2*(ティーツースター)強調像の撮影も行います。この撮影方法は、出血に対する感度が高く、 症状の出ていない微少な脳出血を早期発見するのに役立ちます。


専門医による診断と説明
診断は脳神経外科・脳血管障害・脳卒中・頭痛の専門医が行い、画像を見ながら詳しく説明致します。

検査したその日に説明
どのコースも検査をしたその日に診断・説明を行います。(フルコースの血液・尿検査の結果は後日になります。)
基本コースでは1時間で、フルコースでも約3時間で全て完了します。

リーズナブルな料金設定
MRI設備、検査内容と料金を大きな病院や他の施設と比べてみてください。
当院ではお気軽に受けていただけるようにと考えております。

検査内容と料金は当院ホームページの脳ドックのご案内をご覧下さい。


sanple.jpg
MRA画像から作成した脳動脈三次元画像(VR)
当院で発見された動脈瘤です。5mmを超える大きさ・年齢などを考慮し、早めの手術をすすめ、大学病院を紹介し手術となりました。